Last update:2014/10/2

その他の問題点

医師や看護師をめぐっては、いくつもの大きな問題があります。長年にわたる問題も多く、根が深いものとなっています。
最も大きな問題は、医師や看護師の不足という問題です。医師の中でも特に、産婦人科医や小児科医は圧倒的に不足しています。また心療内科医や精神科医も、不足している医師に挙げられます。これらの医師が不足してしまう理由としては、訴訟を起こされる率の高さや診療の難しさなどがあります。産婦人科医は特に、妊婦の出産がいつあるかわかりませんから、病院からの拘束感は非常に強く感じます。現在では、この問題を解消するために様々な方策をとっているものの、あまり決定打となるものがないというのが現状です。産婦人科医や小児科医を増やすためには、私たち一般の患者となる立場の者が、産婦人科医や小児科医の現状と技術を理解して、訴訟を起こさないでも納得できる関係を作ろうと努力する必要があるのかもしれません。
また他にもある、医師や看護師をめぐる問題というと、医療ミスの問題があります。医師や看護師の連続勤務など、疲労した状態での勤務などが医師や看護師の集中力の低下を生み、その結果医療ミスを起こしてしまったというケースが多くあるのが特徴的です。突き詰めていけば、その原因は医師や看護師の不足というものへつながっていくのかもしれません。しかし、医療ミスは人の生命にもかかわる非常に大きな問題です。まして、医療ミスを受けた側としては、その不当感は否めないことでしょう。現在では、医療ミスに対しては、検査や診療前には氏名を確認するとか、複数人でチェックするといった改善方法を採用しています。とはいえ、医師や看護師の労働環境の悪さという根本的な原因の解決には至っていないため、今後も医療ミスが後を絶たないということは予想されます。人員確保の問題は、医師や看護師の問題にとって、非常に大きな対策を早急に立てなければならないものです。
そのほか、医師や看護師をめぐる問題としては、免許の更新制度というものがあります。現在の制度では、医師も看護師も、いったん免許を取得すれば、その後は更新することなく、一生使える資格となっています。しかし、医師の単純なミスや見落とし、看護婦の技術の未熟さから生じたミスなどが立て続けに起こった時期から、医師や看護師の免許にも更新制度を設け、定期的にレベルのチェックが必要になるのではないかといわれ始めるようになりました。それに対して、看護師は専門看護師という上級資格を設けました。また他にも、認定看護師という資格も設け、これらの資格を取得すれば、ある特定分野に関しては熟練した看護技術と知識があると認められ、看護師に対する指導や相談活動が行なえるものとなっています。医師は、更新制度が検討され始めています。医師免許の取得後5年から8年を目安に、何かしらの研修を行なって単位の修得を行ない、その単位数によって医師免許更新となるという制度を設けることが検討されています。現在は具体的な制度化に向けて準備を進めている段階で、すぐにとはいかないかもしれませんが、今後実現していく可能性が高い制度となっています。

その他医師や看護師をめぐる問題としては、医師だけに関係ある問題かもしれませんが、歯科医師の過剰問題というものがあります。産婦人科医や小児科医は不足が叫ばれている一方で、歯科医師は過剰になっています。歯科医師は、診療に対しての訴訟を起こされる率も低いですし、夜勤や救急も滅多にありません。さらには保険がきかない治療もあるため、高収入になる可能性があると事からです。現在では、歯科医師は淘汰されてきており、以前ほどしか医師が増える率は高くなっていませんが、まだ過剰状態であることには変わりはない状況です。

Valuable information

エキサイト

Last update:2015/4/9