Last update:2014/10/2

求人について

医師や看護師は、慢性的な不足状況にあるのが現状です。また以前は特に医師の求人といえば、医局を通して行なわれることがほとんどでした。医局が人事を握り、管理していたということでしたが、現在は変わり、医師や看護師が自由に自分の意思で、勤務先を選択できるようになっています。このことはつまり、医師や看護師は、売り手市場といえる、病院よりも医師や看護師側の方が有利なものとなっています。もちろん、だからといって条件のよさそうな求人にすぐに反応して転職を決めてしまうというのも、考え物です。自分が求人情報どう読んだらいいのか、求人情報の中で特に重要にしたいところはどこなのかというところをはっきりさせてから、求人情報を見て、参考になる病院の有無を確認することが出来ると思います。
医師の求人情報を見るポイントとしては、まず挙げられるのが、どのような観点から求人情報を見るかということです。つまり、「給与など待遇の条件が良いところ」という観点から求人情報を見るのか、それとも「専門スキルを生かせるところ」なのか、「資格の取得や研究が行なえるところ」なのかということです。これはつまり、医師としてどのようなコンセプトをもっているかということとつながってきます。このコンセプトに従って求人情報を見ていくと、医療機関はいくつかに絞られてきます。というのは、大規模病院と中小規模病院では、特徴が異なるからです。大規模病院の場合には、勤務シフトや診療システムは既に確立されています。ですから、勤務日数や給与といった待遇面は、かなり現実的で、はっきりとチェックできます。そのため、待遇をポイントにおいて求人を診ていきたいという医師なら、大規模病院を主にチェックしてみるとよいかもしれません。自分がその病院のシフトなり給与なりに適合できるのかどうかを念頭に置きながら見ていくと、具体的な病院も、いくつか絞られてくることでしょう。続いて中小規模の病院ですが、こちらは幅広く診療業務をこなす医師が求められています。外来診療だけでなく、病棟の医師や、時には人間ドックや健康診断などの、直接診察や治療にかかわらない業務も、求人にあるかもしれません。中小規模の病院では、特に離島や地方都市では、巡回診療や訪問診療があるところもある可能性は高いです。ですから、中小規模の病院で働くのは、開業を目的としていたり、患者さんと深い信頼関係を作りたいと望んでいたり、プライマリ・ケアに関心があるといったコンセプトがある医師がチェックしてみるとよい求人です。
一方、看護師の求人というと、看護師は非常に多くの分野から求人が出ているのが特徴的です。病院やクリニックだけでなく、老人施設や介護施設、福祉施設、リハビリ施設なども看護師への求人を出しています。そのため、看護師が求人情報を見るときは、無理なく働けるかどうかということを第一に考えながら見ていく必要があります。なぜなら、看護という仕事は身体的にも精神的にも非常にハードな職業のため、少しでも無理がかかるような感じがしたら、後々長い期間を続けていくことが出来なくなるからです。看護師の多くが女性ですから、結婚後子どもができたり、親の老人介護が必要になったりしたときなどは、常勤でバリバリと働くことはできなくなり、早めに家に帰ったり出来るほうが良い条件になったりします。とはいっても、看護師の求人情報は多岐に渡って多数ありますから、自分にとって無理のない職場を見つけるには、時間はかかるものの、確実に見つけられることでしょう。そのような自分にとって無理のない職場を見つけるためには、看護師は、求人情報を見る上で、「譲れるところはどこか」「これだけは絶対に譲れない」ということを決めておいて、それをもとに求人情報を見ていくとよいかもしれません。病院やクリニックで働きたいのか、介護施設や福祉施設で働きたいのか、病院やクリニックで働きたいのか、また働く場所はどこでもいいけれど、給与が安いのはイヤだというように、給料待遇面を重視したいのか、家に近いほうがいいというような立地条件が気になるのか、また働く診療科がどこになるのかで決めたいのかという観点で求人情報を見てみると、非常にわかりやすく見られるかもしれません。

とはいえ、医師や看護師が求人情報を見るのはインターネットサイトが主流となってきています。インターネットで検索すると、無数の求人サイトが掲載されてきます。そこから自分に合った求人はどこにあるのか、絞ってみていくことは難しいかもしれません。ですが、最も情報量も多く、サポートがきちんとしているサイトも多くある今では、インターネットの求人は欠かせない情報源です。

Last update:2017/3/30