最終更新日:2014/10/2

医師や看護師が足りない

医師や看護師は慢性的な不足状況に陥っており、以前から非常に大きな問題になってきています。そしてまた、これといった打開策がなく、あまり大きな状況変化が見られないままずるずると時が経ってきてしまっているというのも、大きな問題です。
医師不足がなぜ起こったかという原因についてですが、これは様々な要因が関係しあっています。まずは医局人事の問題があります。以前は、医師の人事といえば医局がつかさどっていました。大学を卒業した医師の卵たちは、たいてい付属の大学病院で臨床研修という研修医の期間を過ごします。そして、臨床研修終了後は、そのまま大学病院付属の病院にあるいくつかの医局に所属し、医局の人事に従っていました。そのため、大学の医局は大勢の研修医を抱えていることが出来ていた状況でした。ですから、この大学の医局に所属していた研修医たちは、関連病院や地方の病院に派遣され、そこで臨床研修を行なったりしていました。ところが、この流れは、いくつかの問題を引き起こしました。まずは、臨床研修中の研修医には身分保障がなかったということがあります。学校は卒業したので学生ではありませんが、臨床研修中は病院側に医師としては認めてもらっていませんでした。ですから、安いお給料で過酷な労働を強いられたとしても、研修医にはどうすることも出来ませんでした。しかし生活をしていくためには、お金が必要です。ですから研修医は、他の大学病院や総合病院などの夜勤をあるバイトとして行ない、そこからお小遣い稼ぎをしていました。そのような状況から、徐々に、当直医は研修医だけという状況や、疲労のたまった研修医による医療ミスが相次ぐといった問題が発生してきました。病院が提供する医療レベルが下がったことで、医療への信頼が薄らいでしまうことを防ぐため、また医療ミスによる志望者が出たりしたため、国はこの事態を重く見て、厚生労働省が臨床研修中の医師に対して、声明を出しました。それによると、研修医の身分保障をし、医師とみなすとともに、アルバイトは一切禁止、その代わり給与は生活が出来るくらいのものを毎月支払うということにしました。また、学生が卒業したら大学の医局に所属するという制度を改革し、マッチングという、全国で希望に合う病院に勤務することが出来るというものを採用しました。このことにより、研修医は大学に属さなくなりました。つまり、今まで大量に大学病院にいた研修医たちが、ぐっと大幅に減少したことになるわけです。このことは、大学病院側に大きな痛手を与えました。今まで研修医によってまかなっていた業務を、研修医以外が行なうことになり、医師や看護師の負担が大きくなったのです。ですから、大学病院では、すぐに今まで派遣していた研修医を大学病院に呼び戻しました。このことが、地方や関連病院から医師がいなくなるという状況を生み出しました。実際に地方の病院では、「○○医師は大学病院に呼び戻されたので、医師がいなくなりました。」とコメントするところもありました。現在では、このような状況の打開策として、地方を希望する医師を優先的に決めたりしています。

他にも、看護師の不足も大きな問題のひとつです。看護師の不足は、組織的な理由というよりも、看護師の職務内容がハードなため、敬遠する人が多いということが影響しています。不規則な生活、訴訟を起こされるかもしれないというリスクが高いこと、医療ミスを起こしてしまったら人の命を落としてしまうかもしれないという業務の責任への重さなどにより、避けられてしまうのです。また、看護師の労働環境がすぐに変わるということは考えにくいので、今後も看護師の不足状況は続いていくと思われます。そして看護師の不足状況が続けば続くほど、現在看護師をされている方にはさらなる負担が係り、労働環境も悪くなりますから、それとともに看護師になりたい人も減ってくるということになります。

Valuable information

auスマートパス
http://auone.jp/
デイリーズ購入
http://www.web-lens.com/

最終更新日:2015/1/8